コルトレーン−お勧めCD|NO,3 バッハ/管弦楽組曲(全曲)他:カール・リヒター指揮/ミュンヘンバッハ管弦楽団 1960年〜1980年録音
E-mailリンクポリシー プライバシーポリシー
TOP 無料レポート EVENT&TOPICS インストール事例 お勧めシステム お勧め商品 お客様の声 SHOP お勧めCDリンク
お勧めCD
 
NO,3 バッハ:管弦楽組曲(全曲)他/カール・リヒター指揮
、ミュンヘンバッハ管弦楽団 1960年〜1980年録音
 
クラシック音楽は大半の方が「難解で何から聴いていいのか分からない。」とお思いのようですので、演奏時間が短く親しみ易い曲からご紹介します。最初にご紹介するクラシックは、私が最も敬愛する作曲家J.S.BACHと出会うきっかけになったこの曲です。

カール・リヒターの演奏は、特に2.管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067の序曲での強い精神性に、最近の古楽器を用いた軽快な演奏など寄せ付けない説得力があります。

4.管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068の第2楽章は、有名なG線上のアリアの原曲で後の1871年にアウグスト・ヴィルヘルミ(August Wilhelmj) というヴァイオリニストがG線(第4弦)だけで弾けるように編曲してこの名を与えたので、そのまま通称G線上のアリアと呼ばれるようになりました。

3.2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043の、安らぎと癒しに満ちた第2楽章は「美しい姉妹の語らい」などとも言われ、高校時代レコードが擦り切れるほど聴いたものです。

録音は60年〜80年と古いですが、音質は問題ありません。この曲には数え切れないほどの演奏がありますが、今後もこれ以上の演奏はあり得ないのでは、と思われるほど素晴らしい演奏です。
 
1.管弦楽組曲第1番ハ長調BWV1066
2.管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067
3.2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043
4.管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068
5.管弦楽組曲第4番ニ長調BWV1069
6.オーボエ・ダモーレ協奏曲イ長調BWV1055
 
 
Amazon.co.jpアソシエイト
※こちらのCDはアマゾンでご購入できます。



●一覧ページへ戻る
Copyright 2005 coltrane, inc.,Allrights reserved.  
お問合せ